フェイスブックマニュアル

イベントの作成

  • 2011年1月30日
  • はてなブックマークに追加

みんなで集まる会合、セミナー、飲み会。主催者・幹事の方がとても苦労するのは告知と出欠管理ではないでしようか。
そんなときに役立つのが「イベント」機能です。
「イベント」は飲み会やセミナーなど、みんなで集まるイベントを一斉告知したリ、簡単に出欠確認を管理できるツールです。開催日や時間、出欠確認のフォーマットが最初から用意されているので、とても運営が楽になります。また、イベント告知は、イベントを作成する際にFacebook内の友達を一斉招待できる機能がありますので便利です(メールアドレスで外部の人を招待することもできます)。
イベントを作成したリ運営するには、イベントアプリケーションから。イベントアプリケーションはホーム画面左のダッシュボードに表示されています。またはFacebook検索で「イベント」と入力しEnterキーで検索してもアクセス可能です。イベントアプリケーションに移動すると、左側にメニューが表示されます。
「友達のイベント」は友達が参加するイベントが表示されます。「誕生日」はこれから誕生日を迎える友達が表示されるので、イベントを作成する参考にもできます。


プライバシー設定

「過去のイベント」は過去に招待されたイベントが一覧表示されます。
また、参加者にとっても他に誰が参加するかをオープンにすることができます(しない設定もできます)。この機能は、他の参加者を見て「あ、あの人も参加するんだ。じゃあ私も」のように参加者の友達の輪で集まりを促進してくれたりもします。これは作成画面の「全てのユーザーに表示され、誰でも出席可能(公開イベント)」や「イベントページにゲストリストを表示する」のチェックボックスで決定できます。


開催する側の都合とゲストの都合をよく考えて決定しましょう(ゲストの中には参加することを公表されたくない人がいるかもしれません)。なお、イベント機能には課金するシステムがないので、課金するセミナーなどを開催する場合は「詳細」欄にホームページURLなどを掲載して案内するのがよいでしょう(URLを記載すると自動的にリンクになります)。

イベントの作成

左カラムのイベントをクリックすると、イベントページが開きます。「友達のイベント」には友達が企画したイベントが表示され、「誕生日」には友達の誕生日が表示されます。

イベントの作成

「イベントを作成」をクリックすると近日予定のイベントを作成することができます。 イベントの日時、名前、場所、内容を記入することができ、招待する人を選ぶこともできます。
特定の人へ向けてのイベント開催であれば「ゲストを選択」で招待することができますが、それ以外はデフォルトのままで良いでしょう。
※「イベントのページにゲストリストを表示する」とはイベンの参加者を表示するかかどうかを設定する項目です。
なお、イベントは「ファンページ」や「グループ」のイベントタブからもイベントを作成したり、参加者を確認できたりします。ただし、作成できるのはそれぞれの管理者のみです。

イベントの作成

必要事項を記入すると上記のような画面になります。内容に問題がないようであれば「イベントを作成」をクリックしましょう。

イベントの作成

イベントが公開されました。

イベントに招待する

イベントを企画し、作成すると友人全員のイベントページにはあなたが作ったイベントが表示されるようになります。
しかし、もっとメンバーを増やしたい時や友達を招待したい時はゲストにメッセージを送ったり、掲示板を利用したりして告知しましょう。

参加メンバーが決まっている場合や、友達にメッセージを送って告知したい場合は「ゲストを選択」をクリックし、ゲストにチェックマークをつけ「保存して終了」をクリック。 すると友達にはイベントが通知されます。

メンバーを招待する

イベントに招待されると、イベントページの左側にイベントの参加者状況が表示されます。
管理人は、この一覧から参加者を管理でき、【参加予定】【未定】【不参加】【未返答】ごとに確認できます。

イベント参加者に直接メッセージを送る

メンバーを招待する

管理人はイベントページ右上にある「ゲストにメッセージを送る」からユーザーにメッセージを送ることができ、【すべて】【出席】【未定】【未回答】の中から一つを選び状況に応じてメッセージを送ることができ、ここに書いたメッセージは参加予定のメンバー全てに直接届きます。
場所や日時の変更などユーザーに伝えたいことがあれば掲示板に書くよりも直接メッセージを送る方が安全にかつ素早く伝えることができます。
この機能は用途に応じて使ってください。

掲示板の活用方法

メンバーを招待する

掲示板機能は、イベントの盛り上げに一役買ってくれます。 地図を載せたり、イベントの会場の写真や、以前のイベントの様子、動画を載せたりすると良いでしょう。
イベントによって用途は様々ですが、面白い使い方としてコンパ相手のFacebookプロフィールへのURLを貼ったりすることもできます。
イベントが終われば、掲示板は参加者が撮った写真を掲載したり、感想を伝えあったりとイベントの余韻を楽しむことができます。
この機能は用途に応じて使ってください。

▼記事が参考になった方は、是非、ポチッと「いいね!」をお願いします!^^

  • 2011年1月30日
  • はてなブックマークに追加

【初心者向け】Facebookの操作マニュアルをお配りしてます。

当サイトでは、Facebookの登録から操作方法までわかるマニュアルをお配りしています。
無料でダウンロードできますので、是非、ダウンロードしてください。

▼コチラからダウンロードできます。
【初心者向け】「0から始めるFacebookマニュアル」ダウンロードはこちら

関連する記事

フェイスブックマニュアル

新コメントシステム

※Commentsシステム検証中です。

ページTOP

Facebookは、友達や同僚、同級生、近所の人たちと交流を深めることのできるソーシャルユーティリティサイトです。
Facebookを利用すれば、友達の近況をチェックしたり、写真をアップロードしたり(枚数は無制限)、リンクや動画を投稿したり、知り合いと連絡を取り合うことができます。